「テラス・フレームワーク」は、iOS, Android, Windows に対応したオーソドックスな C++ 3D フレームワークです。
フレームワークは C++ ソースコードとして提供されるため、独自に修正・拡張が可能です。
(一部、Objective-C, Java ソースなども含まれます。)
高速な動作および迅速な開発が求められるモバイル 3D アプリ開発のニーズに対応可能です。

イメージ1 イメージ2
実機端末および Windows での並行開発が可能です。
Maya で作った 3D モデルを即座に Windows 上で確認できます。
また、アプリケーション本体も Windows 上で並行開発することによって、
普段は Window の Visual C++ での開発を行い、適時実機での実行確認をすることも可能です。

フレームワーク概要

対応プラットフォーム
  • ・iOS(iPhone, iPad, iPod touch) & Xcode
  • ・Android & Cygwin & NDK
  • ・Windows & Visual C++ 2010 Express
対応ライブラリ/機能
  • ・OpenGL ES1(iOS, Android)※1
  • ・OpenGL1.1(Windows)※1
  • ・OpenAL(iOS, Android, Windows)
  • ・OpenSL(Android)
  • ・APK Expansion Files(Android)
  • ・libpng
  • ・zlib
  • ※1: OpenGL ES2 / OpenGL2 には現在対応中
実装機能
  • ・様々なディスプレイ解像度やデバイスでの同一座標のサポート
  • ・画面回転のリアルタイムサポート
  • ・3D 演算ライブラリ
  • ・3D モデル表示(テクスチャ, アニメーション)※2
  • ・可変(浮動小数点)フレームアニメーション
  • ・3D モデル出力 Maya プラグイン
  • ・コレクションクラス(リスト, 配列, ツリー)
  • ・簡易地面コリジョン
  • ・テクスチャアニメーション
  • ・ビルボード 3D モデル表示
  • ・ビットマップフォント(固定ピッチ、プロポーショナル)
  • ・ファイルライブラリ(パックファイル, 圧縮ファイル, ID 管理ファイル)
  • ・画像ライブラリ(BMP, PNG, PVRTC, TGA)
  • ・XML パーサー
  • ・汎用サウンドライブラリ(BGM, SE)
  • ・OpenAL, OpenAL, CoreAudio, MP3 再生などのサポート
  • ・文字列クラス
  • ・文字列エンコード(UTF8, Shift-JIS)
  • ・インターフェイスライブラリ(キーボード, タッチパネル, コントローラー)
  • ・簡易イベント処理補助システム
  • ・簡易メニュー処理補助システム
  • ・デバッグ表示補助ライブラリ
  • ・OpenOffice Calc と JavaScript を用いた構造体データ出力ツール
  • ※2: スキンアニメーションには現在対応中
料金表
タイトル ライセンス
  • 100万円/タイトル~
  • ※同タイトルであれば多プラットフォーム対応時の追加料金不要です
  • ※Copyright 表示規定があります
一括ライセンス
  • 300万円~
  • ※タイトル数などに制限はありません
  • ※著作権は放棄いたしません
インテグレート オプション
(実装対応サービス)
  • 100万円/人月~
ソースコード リポジトリ アクセス権
  • 150万円/年~
非ソースコード提供受託開発
  • 10万円/タイトル~
  • ※一般的な受託開発となります